メイン

2007年01月08日

コンセプト

「日常で使えるお気に入りのガラス」をコンセプトに、使い易く、魅力的な作品作りを目指しています。
高温の炎によって、溶けて、膨らんで、自由自在に姿を変えるガラス。
そのガラスに、技術だけでなく、自分なりのアイデアを追加して、ガラスの中に1つの宇宙を創り出す。
そんなことを考えながら作品を作っています。
作品を気に入ってくださった方が普段身に着けたり、自分の身近に置きたくなってくださると嬉しいです。
中には奇抜なものやアート性の高いものもありますが、面白がっていただければ幸いです。

材料は強度が高く透明度の高いボロシリケイトガラス(琺珪酸ガラス)を使っています。
このガラスを溶かすためには1200度以上の高温が必要で、わたしは酸素ジェネレーターによって炎を作っています。
技法的にはインサイドアウト技法が中心ですが、常に新しい技法を取り入れて、ペンダントやリングなどのアクセサリーはもちろん、一輪挿しやグラスなど身近で使えるものなら何でも作っていこうと考えています。
これらはすべてハンドメイドで作れており、すべてが微妙に違います。
まさに世界に1つのハンドメイド作品です。
小さなガラス工房ですが、これからも日々魅力的な作品を生み出して行きたいと思っております。


プロフィール
彩グラススタジオで森崎かおる先生にクリアガラスのロッドを中心に習い、
まつぼっくり工房で松村繁先生に管ガラスを使った理科学ガラスの基礎を習い、
大村先生にペンダント等の作り方を習い、
今は自宅で日々修行の毎日です。
機材はバーナーが木下の小型ブルーバーナー、酸素ジェネレーターにレガリアを使用。
大きなものはまだ作れませんが、いつかは大きなものも!
普段はデザインフェスタ等のイベントを中心に横浜周辺のギャラリーで活動中。今後は雑貨店やアクセサリー店、ファッションからインテリアまでいろいろなお店に作品を置いていただけるようになりたいと考えています。